AGAの悩みを解決するには

薄毛・抜け毛に悩んでいる方、必見!

男性のAGAの仕組みと改善方法

薄毛にもいろいろな種類があることをご存知でしょうか。

薄毛には、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症などの種類があり、それぞれ原因や症状の現れ方が違うのです。これらの薄毛の中で、近年多くの男性に現れる薄毛として特に注目されているのがAGAです。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaを略した言葉で、日本では男性型脱毛症と訳されています。この日本名からわかるとおり、AGAは、男性特有の脱毛症です。

AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(以下DHT)が原因となって発症します。ですので、男性ホルモンの少ない女性はAGAを患う可能性がほとんどありません。

では、なぜDHTは薄毛の原因となってしまうのでしょうか。DHTは、テストステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けて変化したホルモンです。このホルモンは、元来男性らしい体を形成するために必要なものであり、決して悪玉ホルモンというわけではありません。ただし、5αリダクターゼ還元酵素の中でも「2型」と呼ばれる酵素があり、このタイプの酵素の影響によって生成された強力なDHTは、毛髪の成長に悪影響を与えます。この強力なDHTが毛髪の成長を阻害するために、結果的に髪の毛が少なくなってしまうのです。

以上が、男性のAGAが発症する仕組みになります。AGAは、頭頂部や髪の生え際に現れるのが特徴です。つまり、こめかみ辺りの薄毛が気になる方は、AGAを患っている可能性があります。

男性のAGAは、薄毛を専門に扱うクリニックなどで治療できるので、気になる方は医師に相談してみるとよいでしょう。AGA治療のメインとなるのは、AGA治療薬の処方です。2014年までは、日本国内で処方されるAGA治療薬はプロペシアという医薬品のみでした。しかし、2015年4月にファイザー株式会社からプロペシアのジェネリックが発売されています。これにより、今までよりも安価にAGAの治療が受けることが可能となりました。

今まで高額な医療費を気にして治療を受けていなかった方も、クリニックに相談に出かけてみてはいかがでしょうか。