AGAの悩みを解決するには

薄毛・抜け毛に悩んでいる方、必見!

男性のAGAの対策方法とは

AGAとは男性型脱毛症のことです。この症状は、男性ホルモンが原因で起こる脱毛症状であり、髪の毛が抜けたり、細くなって弱って行ったりという変化が起こり、基本的には放っておいても治る事はなく進行していきます。

頭皮環境が悪化して起こる薄毛との違いとしては、外見的な特徴として、生え際がM字型に後退していったり、頭頂部の髪の毛が薄くなってO字型ハゲと言われる状態に進行していきます。

男性ホルモンの影響が大きく、抜け毛の原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロンというものを内服型の薬で抑制させる治療をおこないます。医師の指導のもとでうけることが望ましいです。

男性ホルモンが髪の毛の成長を促している毛乳頭の働きを邪魔することが原因となって薄毛や抜け毛は起こっています。そこでプロペシアという内服型の育毛薬を摂取することで、抜け毛原因の男性ホルモンの働きを抑制します。それによって抜け毛が止まり、AGAの進行を防いでくれるのです。

男性のAGAでは、プロペシアという治療薬を使って改善させることに期待が出来ます。この薬には、フィナステリドという成分が入っており、これが脱毛を引き起こす男性ホルモンの働きをブロックするもので、世界中で男性のAGAを治療している薬になります。

薬には即効性が無いですから、長期服用による治療が必要です。大体半年から1年程度は服用を続ける必要があるとされています。ですから飲み始めてすぐに治療効果が出て毛が生えてくるという事は無く、発毛サイクルに合わせて変化をチェックしていく必要があります。

最初は、脱毛症状がおさまるという変化がありますが、基本的には長期目線で服用を求められる薬です。自己判断でシャンプーや育毛剤で薄毛治療を行っていた人は、頭皮が原因ではなく、男性ホルモンが原因のAGAの可能性がありますから、医師にチェックしてもらって早期治療に入る事が望ましいです。コストもかかりますから計算して治療を行うかどうかを決定する事が必要になります。