AGAの悩みを解決するには

薄毛・抜け毛に悩んでいる方、必見!

AGAの進行を抑える食事

男性のAGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンが酵素によって変換されてできるDHTです。毎日の食事は、男性ホルモンの分泌や頭皮環境に影響を与え、男性のAGAの発症や進行にかかわっています。

男性は、仕事の関係などで、お昼は、外で食べることが多いと思います。少しでも節約するために安い牛丼やラーメン、ファストフードなどを毎日食べていませんか。ラーメンやファストフードなどは脂肪分が多く、皮脂分泌を活発にして毛穴をつまらせ、髪の成長に悪影響を与えたり、髪が抜けやすくなります。

糖質の過剰摂取も皮脂分泌を高めます。丼ものや麺類などは脂肪分が多いだけでなく、炭水化物に偏った食事で、AGAを進行させる可能性があります。

理想は和食です。海藻や野菜が多く脂肪分が少ないので、皮脂分泌を過剰に刺激しません。海藻や野菜などから髪の成長に必要なビタミンやミネラルを摂ることができます。

男性ホルモンをDHTに変換するのがα5リダクターゼです。α5リダクターゼの働きを抑制すればDHTが減少して、男性のAGAの進行を遅らせることが期待できます。

α5グルコシターゼの働きを抑制する作用が期待できるのがイソフラボンです。イソフラボンは大豆に多く含まれている成分です。イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取すると、発毛が促進されるという報告もあります。

日本には納豆、豆腐、豆乳、ゆば、みそなどさまざまな大豆製品があります。いろいろな食品があってレシピも豊富なので、毎日飽きずに食べやすいです。お腹が空いたときに豆乳を飲んだり、お昼は納豆定食などにするなどして、大豆の摂取を増やしてみましょう。

ノコギリヤシもα5リダクターゼの働きを抑制します。ノコギリヤシはサプリメントで摂取できます。サプリメントを選ぶときは、添加物を使用していないことを確認しましょう。イソフラボンや髪を育てるために必要な亜鉛、タンパク質なども一緒に配合していると、AGAの進行を遅らせたり、髪が生える効果が高まることが期待できます。