AGAの悩みを解決するには

薄毛・抜け毛に悩んでいる方、必見!

男性のAGAは現代では治る症状になった

男性の薄毛の原因というのは複数ありますが、その多くは男性型AGAと呼ばれる男性ホルモンが関係したものです。

AGAというのは、Androgenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症という意味です。その名称通り、男性特有の薄毛であり、女性とは大きく違う進行の仕方をする脱毛症となっています。

一般的に男性の薄毛というと、前髪が後退していき頭頂部が無くなり、両サイドのみが残り、さらにそれが進行すると完全に毛が無くなってしまうタイプを想像される方が多いのですが、それはほんの一例にしか過ぎず、他にも様々なタイプのAGAがあります。

その仕組みは、まず男性ホルモンの一つであるテストステロンという物質が、5αリダクターゼという酵素によって変質することで、ジヒドロテストステロンという物質に変化します。ジヒドロテストステロンは、髪の毛の毛包などに作用して毛を細く短くしてしまいます。その結果、薄毛という形で目に見える変化をもたらすというわけです。

この男性のAGAは遺伝すると言われ、その比率は、成人男性のおよそ30%と言われています。現在ではAGAに効果があるとされる商品がたくさん販売されていますが、その中でも特に効果的なのが有効成分であるミノキシジルやフィナステリドが配合された発毛剤を使うことです。

ミノキシジルは、血管拡張による髪の毛の栄養補給を、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分で、これらを併用することによって抜け毛を抑えて新しい発毛が見込めるというわけです。

これらの薬には副作用があるため、日本国内では医師などに処方してもらう必要がありますが、個人輸入によって海外からの購入も可能となっています。

ただ前述通り副作用の心配があるため、個人輸入の場合は、使用に際して発生した副作用も自己責任となってしまいますから、使用には注意が必要です。

昔と違って様々な研究が進んだことによって原因や治療法が確立されるようになりました。ちょっとでも薄毛が気になってきたら、すぐにでも専門機関へ行くことが早期治療につながります。